人は生活をしている中で、いろいろなことに遭遇します。その時、自分がとった行動がうまく行くこともあるし、うまく行かないこともありますね。そして少しづつそのことに慣れて、生活をすることができます。しかし体調が悪かったりして、どうしても悲しくなりどうしたらいいのかわからないという気持ちになることもあります。それはどんなに気持ちをしっかりと持っていて、自分は絶対大丈夫と思っている人でも、そんなことがあるのです。そのときは、占いに頼ってみるもの一つです。
占いというのは、とても信じているという人もいますね。その人は、毎日占いを見て、そのことを参考にしたりしています。そしてその時にいいのは、自分を見つめ直し行動を慎重にすることができるということです。占いでは、良いことばかりではありません。それは、自分にとってマイナスなこともあります。その時、自分を見つめ直して慎重に行動すると良い結果を見ることができるかもしれません。そんな風に、自分にとって立ち止まって行動をするという、とても良い方向性を出してくれるのが占いと捉えれるととてもいいですね。
そしてどんなに強いと思っている人でも、もうダメかもしれないと思ったときには、占いに頼ってみましょう。そうすることにより、とても心が軽くなります。まず自分が本当に辛いことについて、話すことが出来るのはとても大切なことです。それだけでも、かなりの人が心が軽くなるのです。

占いを受ける前に準備しておくこと

占いは有料サービスです、限られた時間を有効に活用するためにも、相談内容はあらかじめ箇条書きにするなりしてまとめておきましょう。また質問の内容が具体的であるほど占いの精度も高まるものです。さらには「私は結婚できますか」といった受け身の質問よりも「〇歳までには結婚をしたいのですが、何をすればいいのでしょうか」といった行動に対するヒントをもらうといった姿勢で臨んだほうが、良い鑑定につながるかと思います。行動を変えなければ運命も変りません、そのためあなたの背中を押すのが占い師の仕事なのですから。またあなたの人生において発生した主な事件を、この際まとめておくこともおすすめです。卒業・就職・出会い・別れ・結婚・出産・大病・事故など、かんたんな年表を作っておくと、例えば「〇年頃大きな病気をされませんでしたか」のように「運気」の流れをなどを指摘された時確認が出来ますね。それから鑑定の結果はすべてメモしておきましょう、後々になって見直した時ビックリされることもあるかもしれません。あれこれ相談したいことは多くても、極力整理して絞っておくことがコツになりますね。それから占いには「タブー」があることをご存知ですか、占ってはいけないことがあるのです。たぶんお分かりかとは思いますが、まず人の死について占うことですね。それから病気についても同じです、こちらは医師法においても禁じられています。またギャンブルや宝くじ、また投資に関することもタブーです。このあたりは充分注意してください。それから言い忘れましたが西洋占星術や四柱推命では生年月日だけではなく、生まれた時間も必要となります。自分が何時に生まれたか知っていますか。また彼との相性を見てもらう際にも、彼の生年月日がわかっていると有利です。もちろんわからなくてもよい場合もあるのですが。ただ事前に調べればわかることは準備しておいた方がいいでしょう。