仕事のことで、どうしても心配していることがあってどうしたらいいのかわかりませんでした。自分では、答えが2通りあるもののどっちがいいのか悩むということがありますね。その時、いろいろな人に相談をするのですが、結局決めることができずにいることがありました。
その時、占いについてしてもらおうかなと思ったのです。決める期限がせまっていたので、そのように思ったこともひとつの運命かなと思ったのです。しかし占いというとその占い師のところまで行くことが必要となります。それはそれで、しっかりといろいろなことが聞けるので行きたい気持ちがありました。しかしその場所まで行くことができなかったのです。とても仕事が忙しく、そんな時間を取ることができませんでした。
その時にふと思ったのが、電話占いです。電話占いというのは、全くどんな感じなのか想像できませんでした。それは実際に占い師に実際にあって占いを受けることが、当たり前だったからです。しかしそんなことをいっている場合ではありません。第3者の判断を知りたかったのです。
そして電話占いを受けることにしました。電話をすると、とても感じのいい人が対応してくれます。たくさんの情報を伝えると、その後に占ってもらうことができます。そしてその結果、私が思っていた判断でよいということがわかったのです。その結果を聞いた時、本当に気持ちがすっとしました。その後は、判断したとおり行動して、よい結果を得ることができたのでとてもよかったです。

占いを活かすも活かさないも本人次第

占いと一言でいっても様々なものがあり、姓名判断や生年月日に人相や手相を見る人、タロットなど物を使う人やチャネリングやイタコのような人など多種多様です。
それこそ、昔からどの地域でも占いというのはあって今でも占いで結婚相手を決める国もあるとか。
確かに、自分の性格だったり未来のことって分からないことばかりだから不安になるので、誰かに相談したいなってなることってありますよね。
その相談にちょうどいいのが占い師さんなんですよね。
近所のおばちゃんや、同僚と違って占い内容を外部に漏らさないっていう安心感もあるし、他人だからこそ言いやすいこともあるんですよね。
だけど、占い師さん自身の力量といいますか、才能もピンからキリまであるので気を付けなくてはいけないですね。
あれがダメだ、これがダメだと駄目だしばかりや、私の言った通りにしなきゃ大変なことになるよと脅すような占い師さんはまず信用しなくていいですね。
占い師はカウンセラーというかアドバイザーのような立場なので無責任に人を脅すという人はそもそも占い師以前に人として信頼できないので、近づかないに越したことはないです。
それで、占いは自分の性質を知るための一つの方法であり、占いをしてただ単に結果を聞いて当たっているか、当たっていないのかというゲームで終わらせるのはもったいないですよね。
その占いの結果を踏まえて、これからその自分の性質を活かしてどう人生を切り開いていくのかと考えていくのが大事になってくるように思います。